飲水って実は大事です

水は一生飲み続けるもので健康にとって大事なものです。
鹿児島の活泉水の場合もそうでしょうが飲料水用として、そのまま水道水を飲まれている家庭は10年前に比べるとかなり減ってきていると言います。宅配ミネラルウォーターや、据付浄水器、特定銘柄のペットボトル水と水にこだわるご家庭が増えてきた事が要因でもあります。
しかし、日本のなかでも上には上があるもので、例えば神奈川県の大井町の水道は地下水を汲上げた天然水だったりします。
人の体に害を及ぼす細菌や微生物の繁殖を抑えるために浄化された水道水ですが、それでもより美味しい水、体にとってより安心な水を求めて、浄水器を設置する家庭が増えてきました。

私は水道水は体に本当に害がないのかということが疑問に思います。
最近では、ミネラルウォーターなども通信販売などで購入できるので、重たい思いをして買い物をする必要もなくなりました。
あるいは水をろ過する逆浸透膜の技術です。ドバイという国は、砂漠の国ながら豊富に水があります。 それも、この逆浸透膜のおかげです。逆浸透膜で海水を淡水化しているのです。
水道水も神奈川県の水ならば、十分に飲料水として飲めると思います。

最近では飲料水と言っても、様々な種類のお水が販売されています。
その産地などによって軟水・硬水その他含まれるミネラル分などさまざまな違いがあって、 本当に選ぶのに迷ってしまいます。
今までは、自宅の水道水を使用して炊いていたお米も、軟水で炊くと美味しくなったので、それからは、常に軟水でお米を炊いています。本当は、お米をより美味しく頂くには、お米の産地と同じ地域の水で炊くのが、一番なのですが、なかなか水の種類は沢山売られていても、お米と一体化したような、セット売りの業者が今の所、見つけられずにいます。
今、我が家は水を買いません。マルナカ等でボトルで水を汲んで帰ります。また、ドラッグストアでも同サービスがあるので利用します。ボトルの初期費用だけであれば、水を買わずに済むのが利点ですね。

鹿児島の活泉水の詳しい情報を知りたい方は詳細ページをご確認くださいね。

→ 鹿児島の活泉水の詳細ページはコチラからどうぞ

広告
カテゴリー: 鹿児島の活泉水 パーマリンク